Q1. コユキさんが以前活動されていた"DROOP"について、どんなバンドだったのか簡単に教えてください。
A1. DROOPは92年に私とJ(DEFUSE)で発足したオールガールパンクバンドで、私は87年にKOZUE(ex.CRUSADE)とHCバンドを結成し解散後、PUNKのルーツを求め89年に市野元彦氏とJAZZバンドを結成し活動しました。その後、ガールズバンドで“オリジナルパンク”を構築したいという強い欲求にかられ、当時、神戸のHCバンドで活動していたJに声をかけました。オリジナルパンクゆえに、DROOPを簡単に説明することは非常に困難で、DROOPを理解して頂くにはリアルタイムリスナーでなければ正直厳しいかもしれません。というのは、私たちはライブ毎に違う表現をしていたので、DROOPは一度見ただけでは理解できないだとか、日本では10年早い、リスナーがついていけないなど、そんなことをコアなリスナーに言われていたなか、異種比類なきものとして私たちの方は、何ら問題なかったのですが、当時より、メディアはDROOPをカテゴライズすることに相当苦しんでいたようです。また理解できないことによるリスナーの“比類なき拒否反応”も演っていてよく感じました。

Q1. Koyukicross, can you tell us about your band DROOP you were performing in?
A1. DROOP was an all girl punk band that started with J (DEFUSE) and I in 92. After starting and then breaking up the HC band I started with KOZUE (ex CRUSADE) in 87, I began looking for the roots of punk and formed a JAZZ band with Motohiko Ichino in 89. Then, I got a strong desire to construct an “original punk” through an all female band. So I asked J that was a member of a HC band in Kobe to join me. Since DROOP was about original punk, it is really difficult to briefly describe what it was. I think honestly that it is almost impossible to tell what it was about unless you were listening to us back in the days. The reason is that our concerts were always different from the previous one, so I guess, by attending to only one live concert wouldn’t be enough to understand DROOP. Some said that we needed 10 more years of practice, or, that the listeners wouldn’t get it. We didn’t have any problem with the fact that we were incomparable but the media seemed to struggle when it came to categorize us. At that time I could really feel the distance with the listeners that couldn’t understand us.





Q2. ガールズバンドということでの差別的な偏見など感じた事はありましたか?
A2.そうですね。「ギャルバンってことでなめてました。すいませんでした!」って突然謝られたことなんかもありましたけど、ガールズバンドというだけでなく、聴くまえからの偏見、見るまえからの偏見、既存的ではない偏見、理解できないことによる偏見というのは常でしたし、自分たちの特性として、それで対バン相手がエセパンか否か判別することもまた容易でした。有難いのか何なのかよくわからない機能ですね(笑)

Q2. Did you experience any kind of discrimination because of DROOP being an all female band?
A2. Yes. Some suddenly apologized “Sorry I thought female bands were all the same.” All kind of prejudice towards us used to happen all the time. Not only because we were an all female band but also people used to judge before listening to us, before seeing us, because we weren’t normal, because they couldn’t get it. Our characteristic was that it was really easy for us to tell if the ones performing on stage with us were fake or not. I don’t know if I should be grateful for having this skill though.


Q3. DROOPの音楽は何かからの影響があるのでしょうか?
A3. 私とJにとってジャパコアの影響は今に始まったことではないですが、それ以外で、DROOPの活動で大きく影響を受けていたのは、存分に楽しんで頂きたいが故に当時は伏せていたのですが、ジョン・ウォーターズやフランシス・ベーコンといった音楽家ではないアーティストの影響も大変強く、彼らの表現は、マイノリティーでリアルにパンクなもんで、私にとって彼らの影響はとても自然なことでした。またDROOPのコンセプトとしてギグ中、リスナーが単にバンドライブとして音楽を鑑賞しているのではなく、映画を見ているような感覚に陥ってほしいと強く考えていたので、舞台美術など制作して活動していましたが、単なるショーライブではなく、あくまでパンクバンドなんで、さじ加減は日本において常に模索し続けました。活動当時の日本の音楽シーンはメロコア全盛期でしたから、DROOPのようなコンセプトをもつ同じようなバンドが周りにいなくて、自分たちが本当に対バンしたいガールズバンドなんかも当時の日本にはいなかったので、Lunachicks の来日を聞いたときは、絶対一緒に演りたいと思いました。対バンできると決まったときは相当嬉しかった。だけど何度かやってみて、結局、Lunachicks ともちょっと違ったんですけどね。彼女達の方が私たちに比べ断然に底抜けに明るかった(笑)楽しかったです。他には、L7やシスコのキャロライナーと演ったのも面白かったし、トランスジェンダーの方たちとのセッションや、あとはMisfitsですね。10代の頃、KOZUEと二人でMisfits聴きながら、アホみたいにDANZIG、DANZIG言うてたんで(笑)、大好きだったDANZIGは不在でしたが、DROOPでMisfitsと対バンできたのも嬉しかったですね。

Q3. Is there anything DROOP was influenced by?
A3. J and I were influenced by Japanese hardcore for a long time. We got influenced by John Waters and Francis Bacon too who were not musicians. We did not want to tell at that time because we did not want to. They were part of minority in Japan and their style was really punk. So it was natural for me to be influenced by them. And, as a concept of DROOP, we wanted the listeners to feel like they were watching a movie and not a concert. So we used to make stage art. But, as it was about a punk band and not a simple live show, in Japan we were searching for a way to adjust. Because at that time Japanese music was all about Melodic Punk, there were no bands that had a concept like DROOP. And there weren’t any all female band we wanted to perform with on stage. So when I got the news that Lunachicks were coming to Japan, I absolutely wanted to perform with them. When I knew that was possible, I got really happy. But after a few concert with them I realized that wasn’t it either.
They were way more cheerful than I. That was fun. It was fun to perform with L7, Cisco of Caroliner, the session with trans-genders was fun too. And let’s not forget Misfits. When I was a teenager, I used to listen to Misfits and shout DANZIG! like a fool with KOZUE lol. Although my favorite DANZIG was missing, I was glad to have performed with Misfits as DROOP.





Q4. DROOPは、NYHCのMurphy’s LawとスプリットEPをリリースしていますよね。どのような経緯があったんですか?
A4. それまでちゃんと聴いたことなかったんですけど、DROOPに対バンのオファーがあって、それで一緒に来日ツアーを周ることになって、JIMMYは普段かなり強めの眼鏡をかけてるんですけど、DROOPのギグ見て純粋に眼鏡越しに目ん玉飛び出てて(笑)「おまえらはすごい。DROOPはリアルパンクバンドだ。一緒にEPやらないか。」って、メンバーが言ってるんだけど、どう?って、主催者から聞いて、それで一緒にスプリットをやることになりました。ガールズバンドってことで、ビッチな目で見ているわけでもなく、82年結成のえらいこと先輩バンドにもかかわらず、リスペクトしてくれてるのも、オーバーでなくリアルにからかってんでもないってのもわかったんで、ツアー中もすごい楽しかったし、声かけてもらって素直に嬉しかったですね。

Q4. Can you tell us how you manage to release a split EP with Murphy’s Law of NYHC?
A4. I hadn’t really listened to them until DROOP got an offer to perform together. After receiving the offer we joined them during their Japan tour. Jimmy always had big thick glasses and when he saw our gig his eyeballs were popping out. It seemed like his eyes went through his glasses. The promoters told us that Murphy’s law said that the members were saying “DROOP is great, it’s a real punk band. Want to make an EP together?” They weren’t thinking we were bitches, the band formed in 82 was paying respect to us, and the tour was fun. And I was very glad they came talk to us.


Q5. 過去のDROOP映像を拝見すると、かなりテンション高めでパフォーマンス性の高い方だと思いましたが、現在はいかがですか?今も元気でハイテンションなのでしょうか?
A5. 元気でハイテンション(笑)私のダークネスはDNA上ブラックホールレジオンですよ(笑)DROOPはこれだけこれひとつという定義で演っていたわけではないので、どの動画をご覧になられてそのように感じられたのかわからないですが、YouTubeなどにアップされている映像は、様々に実験ギグしていた数あるうちのDROOPの一面にすぎません。例えば、某東京キャラクターランドなんかに行ってキャラクターショーなどあると思うんですけど、そういうのを見たときに完全に冷めている自分に気付いたとします。だけど周りにいるお客さん達はとても喜んでいる。なんだったら神格化しちゃってる人もいる。そういう瞬間の、自分の目に映る全ての光景は歪んでいるのか、はたまたリアルなのか。そういった自身の感情をDROOPのギグでもって表現していたので、ある意味、異様に映ってないとあかんわけです。DROOPを見て少しでも気持ち悪いとか、恥ずかしいと感じてもらえたりすると、それは私の意図としては大正解で。だけど「バンドでもなんでも気持ち悪かったらあかん」やったり「ここちよくないものはタブー」なんていう風潮が大前提として世間的に大いに浸透してるもんで、意図していることではあっても、勘違いやら馬鹿にされたりなんかして、たまに腹たつこともありましたけど、基本的にDROOPを演るうえで、馬鹿にされることを畏怖することが私は無かったので、DROOPがわかりにくいのは別として、関西の子やからかなんかわかりませんけど、思えば有難いことにかなり自由に表現させてもろてたんやと思います。PUNKの特権ですね。アンディ・カウフマンの如く(笑)

Q5. From DROOP’s old video, I could notice that you were performing really energetically. How is it going now? Are you still full of energy?
A5. Full of energy lol. My dark side is such as a black hole lol. There is not a correct term to describe DROOP. I don’t know what video you saw but the ones you can find on You Tube represent just a fragment of several faces DROOP had. Let’s suppose that you felt indifferent when you saw a parade in the famous theme park. But everyone around you is having fun. Some are having so much fun that they’re worshiping it. And I ask myself, is the whole scene I am witnessing distorted or is it real? This is the kind of feeling I was expressing through DROOP. That’s why DROOP had to look strange. If by watching DROOP you felt disturbed or embarrassed even just a little, that meant that our intent was fulfilled. “Bands shouldn’t look creepy.”, “Unpleasant things shouldn’t be.” These kind of ideas were what public opinion was saying. Even though I intended to look creepy, I sometimes felt offended by people making fun of me, and people that were misinterpreting DROOP. But I wasn’t afraid of being laughed at. I don’t know if it was because I am a Kansai girl but I used to express freely whatever I wanted to. That is the privilege of Punk. Like Andy Kaufman lol.





Q6. DROOPを解散後は音楽活動自体を辞められていたとお聞きしましたが、その時点でやり尽くしたとか燃え尽きた感というような達成感みたいなものがあったからなのでしょうか?もしくは突発的な何かが起きたことが原因で継続していくことが不可能になったことが原因なのでしょうか?
A6. DROOPでやり尽くしたことや、燃え尽きたことは一度もありませんでした。ちょうど3枚目のアルバム曲を制作していたとき当時、DROOPの専属クルーだったRYUSUE(ex.RESTORD)が、わずか16歳で亡くなったことがあまりにもショックで、このまま何もなくDROOPを続けていくことに強く疑問を感じ、メンバーにその気持ちを打ち明け、DROOPは98年に解散しました。KOZUEが亡くなりDROOPの活動に火がつき、RYUSUEが亡くなりDROOPは幕を閉じました。DROOP解散後、別名義で活動しようとするものの本気になれず、私は20年近くまともに音楽活動をすることができませんでした。

Q6. After Breaking up DROOP I heard you stopped any musical activity. Did it come from a sense of accomplishment after having tried everything? Or did it come from something that happened that made you unable to keep on going?
A6. With DROOP I never felt I did everything I could think of. When we were making the 3rd album, DROOP’s exclusive crew RYUSUE (ex RESTORD) died at the young age of 16, it knocked me out. I then told DROOP’s members I had doubt with continuing as if nothing happened. So then we broke up in 98. KOZUE’s death put on the fire on DROOP’s activity, and DROOP ended with RYUSUE’s death. After DROOP broke up, I tried to write songs, I tried to perform under a different name but I couldn’t really be in it. During 20 years I couldn’t do any kind of musical activity.


Q7. 今回trillとして20年を経て音楽活動を再開されたわけですが、それはどういった心境の変化/理由なのでしょうか?
A7. 私は実は自分のために何かをするのがめちゃくちゃ苦手な人間やったんやとか、身内の死に対する抵抗力が極端に低かったんやとかいうことを知ることができて結局、時間が解決してくれたのだと思いますが、RYUSUEの遺書だったり亡くなるような前触れも何もなかったので、事故の可能性も浮上し、想像ばかりが先行して、何ら根拠がないことを随分と悩みました。音楽活動を再開するうえで、新たな段階に進むことができたのは、娘の存在やtrillのサポートメンバーによる影響が大変大きかったと思います。また休止中に自身と向き合うことに静かに集中できたことや、知らなくて知りたかった一般常識を学んだり、極端な感情起伏をコントロールすることや、音楽活動以外でチャレンジしたくて様々なことを経験できたことなど、これらは子育てをするうえでも役立っていて、私にとって、まるで浄化するようなことを、時間をかけて自らで行うことは、私にはとても大事なことだったようです。そういったことを経て自然とtrillでの曲作りがはじまりました。

Q7. After 20 years you are back as trill. How did your mental state change? What are the reasons?
A7. I learnt that I was bad at doing things for myself, and that my resistance against death was extremely low. After all I think that time solved everything. But there weren’t any suicide note, I couldn’t tell something horrible was about to happen either. A possibility of accident surfaced and only my imagination got bigger and I began worrying about things I didn’t have to. I managed to start over thanks to my daughter and trill’s support members. Their existence meant a lot to me. During the long break I could concentrate quietly on facing myself, I took time to learn common knowledge I didn’t know, I learnt to control my extreme emotional ups and downs, experienced a lot through things I wanted to challenge outside of music. These helped me a lot for raising my child. Taking time to purify myself was really important. And then writing songs as trill started naturally.


Q8. trillは何を表現したいと思って曲をつくられているのでしょうか?
A8. 曲作りに関して、インタビューなどで、これまで具体的に公にしたことはなかったんですけど、私の曲作りというのは正確に表現すると、作るというよりは書きとめるような感じです。頭に突然浮かんできたものを書きとめ形にします。いつも突然なんで、それに振りまわされることもあります。trillで何を表現したくてという概念はなく、日常生活のうえで普段から些細に感じているようなこと1つ1分1秒が、曲や制作物に反映されているのだと思います。なので、trillという形態のみならず、表現できることは山のように終わりなく、これまでの書き溜めもありますので、よかれあしかれできる限り形にしたいですね。

Q8. What does trill want to express through its songs?
A8. I never made it public concretely in an interview. If I have to precisely express what writing songs represent to me, it is more like writing down than making. I write down what suddenly comes up in my head and make it concrete. It is always suddenly, I don’t have control over it. There is no specific things in particular I want to express through trill. I think that all the little things I feel in everyday life are naturally reflected in the songs and other products. Not only through trill, things I can express are countless. In a good or bad way I would like to produce more as long as it is possible.


Q9. 音楽活動以外にも創作活動をされていますよね。それについても詳しく教えて下さい。また今後展開していきたい、もしくは既に準備段階ということがあったら是非教えて下さい。
A9. 大きく分けて私のなかに別人格の“koyukicross(コユキクロス)”と“VENUSZ(ヴェネウス)”というアルターエゴが存在しkoyukicrossは、trill。VENUSZは、dESSENというデザインプロジェクトをやっています。箍外しデザインできるものならなんでもデザインするという趣旨で立ち上げたものです。このプロジェクトも終わりがないもので、現在は建築物を製作中です。私のアルターエゴは、長いこと向き合ったことで認識できた、私にはリアルで、とても身近な存在なんですが、両極端に違うゆえに折り合いをつけるのに費やしましたが、区別できるようになってからは、だいぶ楽になりました。こういうことを差別的に、不思議ちゃん的なニュアンスで表現する方いますけど、誰にでもあることなんですけどね。追求したいという欲求にかられないと、己で自身をとことん客観的な視点でもって調べ尽くしたりしないと思うので、単にご自身のアルターエゴに気付いておられてないだけやと思いますよ。別に気付かんでも生きていけるしってことで。膨大な労を厭わず興味がある方は是非(笑)

Q9. Other than musical activities, you take also part in creative activities. Can you tell us more? And if there are projects you are planning to develop, or if there is anything under preparation, please let us know.
A9. Roughly speaking, in me there is an alter ego called koyukicross and VENUSZ. Koyuki is about trill. VENUSZ is on a design project called dESSEN. I began this project with the concept to design freely everything I could. This project doesn’t have an end. Now I am working on a building. I am very familiar with my alter ego that I managed to recognize after having spent a long time facing myself. Since both are totally different it took time for both to get on well. But after I got able to distinguish them, things got a lot easier for me. Some hate that kind of thing and talk about it as if I was a weirdo but I think this happens to everybody. They just think they don’t need to be aware of it to live. So if they don’t have a strong desire to pursue what an alter ego could be, I think they would not want to investigate themselves from an objective point of view. So they might just not be aware of their own alter ego. Look up if you are interested lol.


Q10. 関西から沖縄へ移り住まれたのはなぜですか?何か思想的な事が根底にあってのことか、体調に良いからなど健康面での理由などがあったのでしょうか?
A10. 沖縄に移住したいという思いは昔からあって、100%は無理だとしても自給自足生活は10代の頃からずっと志していたことです。沖縄は私にとってそれが実現しやすいのではないかと考えました。実際に都会に比べ、自然豊かで暮らしてみて実現しやすいと思いました。何やったらゴキもデカめですが、今日は玄関で昼間から蛍と出会いで、寒がりなうえに化学物質過敏症なので、私には必然だったようです。プロテクトせずに普通の生活ができるのは有難いことです。しかしながら昔から先天的な放浪気質ゆえ、これからもおそらく旅は終わらないかと。自然がおおがかりであればあるほどすいこまれてしまいそうです。

Q10. Why did you move from Kansai to Okinawa? Is there any ideological reason behind that? Or is it about a health issue?
A10. I always had a desire to move to Okinawa. Even if a 100% self sufficient lifestyle is not possible I wanted to try since I was a teenager. I thought a kind of self-sufficient lifestyle would be possible in Okinawa. Okinawa is rich in nature compared to cities, and that made me think about its possibility. Roaches are big, I met a firefly at the entrance in the afternoon, I hate cold and I have the sick building syndrome, so I guess this was meant to happen. But I am a natural born nomad so I think that my trip will keep on going. The more the nature is rich the more I would get drawn in.


Q11. 最近嬉しかったことは?
A11. 個人的には、森友問題などで日本の国家組織の現状が少しでも明らかになったことや、娘が日本国憲法の前文と九条だけは絶対に暗記すると自らで言い出したことだったり、NHKのドキュメンタリー番組で、福島原発の事故での動植物における被爆サイクルが明らかになっていることをきちんと放送していたことや、旧友、修羅のM.O.B.S,Voとしての活動も嬉しいニュースでした。私は宗教家でも何でもありませんが、誰でも何人でも嬉しいこと、苦しいことが、同じだけ人生中に、きっちりハーフずつ仕込まれてるんではなかろうかと考えています。人生80年なら40年分ずつってことです。勝手気侭な持論ですが、嬉しいも苦しいも共にこれからも存分に楽しむことができますように。

Q11. Did anything great happen recently?
A11. Personally, I got interested by the fact that the current status of the Japanese government is becoming a little clearer because of the “Moritomo scandal”. I was glad too that my daughter said that she would memorize the Japanese constitution’s article 9 and its preamble. Another thing, the fact that NHK broadcasted a documentary showing the vicious circle of the radiation cycle that animals and plants have to go through because of the Fukushima nuclear disaster. Knowing that an old friend of mine Shla took part as a vocalist in the reunited M.O.B.S was a good news too. I am not into religion at all but I think that for everybody life is about 50% happiness and 50% pain. Like if life is 80 years long, it would be 40 years and 40 years. I know it’s an interpretation on my own way, I would like to enjoy happiness and pain to the fullest.


Q12. コユキさんの思想などあれば教えてください。
A12. 因果応報など色々ありますが、根本的に昔からずっと願い抱き続けているのは“世界平和”です。この世界はパンクスだけが生を授かってるわけでもないもんで、闇雲にパンクスが世界平和をギャーギャー掲げたところで“一般社会においてクズよばわりにスルーが限界”ってのは、経験上10代の頃の割と早くに認識しました。やが、こういう世間的な扱いに怒りばかりでも何も変わらん。じゃあ、どうしたら実現できる?と、個人として思考に試行を続けているのは、“先ず自身が平和であること” 。OUTOのIN MY HEAD “先ずは自分” 大好きな曲です。これなら地道に大口たたかずこつこつできるかもしれんと。塵も積もれば山となり。己をコントロールできるのは自分だけやもんで。誰のせいでもない。

Q12. Do you have any ideology?
A12. There are many, Karma for example, but the one I always had in my mind since I was a teenager is world peace. But as you know, Punks are not the only ones living on this planet, and just by blindly shouting something for peace wouldn’t solve anything. And you could be treated like trash and ignored for this. That is what I learnt when teenager. But getting angry for that kind of treatment doesn’t make any change. “So what do I have to do to make it happen?” And what I am practicing now is “First of all, I need to be peaceful”. There is a song I love called “IN MY HEAD ” “me first” by OUTO (a Japanese HC band.) In that way, I would be able to move forward little by little without needing to have a big mouth. Small things add up to make a difference. Nobody has control over me but myself, and I think that is the way it is for everybody.


Q13. 現在、Facebookやツイッター、インスタグラム等情報発信をするツールが沢山あると思うのですが、敢えてそのSNSを活用されない理由はありますか?
A13. 単純に向いてないんだと思います。Tumblrも一応SNSなんだろうけど、広告がうるさくないので、私の場合HP的な趣旨で利用しています。SNS自体を批判しているわけではなく、人見知りを隠しているような人見知り種でして、昔から友達100人できるかな?タイプでもないもんで、個人的にはこれからも利用する予定はなく、やったところで無理が生じてまず続けることができないと思います。なのでtrillの告知なんかを拡散してくれているリスナーや関係者には足向けて寝れないです。本当に。

Q13. There are many tools such as Facebook, twitter, instagram to transmit information. Any reasons you do not use any of these SNS?
A13. I think I am not good at it. Tumblr is also an SNS but because there aren’t many ads, I use it as my own website. I am extremely shy, and no offence to anyone, but I am not a kind of person trying to make 100 friends, so I don’t have plans to personally use them. Even if I did I think I wouldn’t be able to keep on using those tools. That is why I have to take good care of the listeners and the persons concerned that are spreading information about trill.


Q14. trillのサポートメンバーは、そうそうたるメンバーが名を連ねています。彼らとはDROOPされていた頃からずっとお付き合いをされていたのですか?
A14. 彼らは私が10代の毒人形の頃からの友人で、親戚の如し心許すことができる大切な存在です。Jは共にDROOPでの活動内容が濃かった分、楽しかったことや苦しんだこともありましたから、そんなことを長いこと共有しえた仲間であり、RYUSUEを亡くした痛みを理解しうる、私にとって貴重で文字通りの戦友ですね。

Q14. trill’s support members are great artists. Do you know them since the time you were in DROOP?
A14. They are precious friends I can trust like I trust my relatives since I was a poisonous doll. Me and J’s activity with DROOP was really deep, we experienced fun times, painful times. We shared so many things over the years. She is a very precious friend that can understand the pain of losing RYUSUE.


Q15. 1stEP ‘lie’ について教えてください。
A15. 現地点での最高レベルでやれたのではないかと思います。柔軟に全体のバランスを保ちながら、それぞれの個性を際立たせることに尽力を注ぎました。ひとつ残念だったのは、こだわりぬいたシンバルの音が一部、溝堀後に変化してしまったことですが、それでも期待していた以上の作品になったと思います。DROOPのレコーディング時も10代でしたから、私やサポートメンバーのこれまでの経験が、作品のなかに凝縮されているのは言うまでもなく、シンプルかつ贅沢な作品に仕上がったと思います。有難いですね。

Q15. Tell us about the 1st EP ‘lie’.
A15. I think I did the best I could. I put a tremendous effort on making everyone’s originality to the top while maintaining the balance of the whole in a flexible way. One sad thing is that a part of a cymbal sound that I was caring changed after the EP got pressed. But still I think the result got better than what I expected. You know I was a teen when recording with DROOP, I think my support members’ and my experience got condensed in this work. The result is simple and good.


Q16. ‘lie’のジャケットワーク“koyukicross skeleton”について教えてください。
A16. koyukicross skeletonは、サポートメンバーの今井くんとdESSENとのコラボ作品で、彼の点描画はアメイジングで昔から大好きで、私のほうで依頼を迷うことは全くありませんでした。dESSENでの私のある写真をもとに制作しました。私には牙があるので、骨格を含むディティールも再現してもらいました。めちゃくちゃ気に入ってます。これは次の作品と繋がっています。

Q16. Can you tell us about “koyukicross skeleton”, ‘lie’’s cover?
A16. Koyukicross skeleton is a collaboration between the support member Kazuhiro Imai and dESSEN. I have been a big fan of his point drawing for a long time, and I didn’t have to worry about asking him to work on the cover. We made it from a picture of myself. I have fangs and he reproduced the skeletal structure to the details. I really like it. This is linked to the next work.





Q17. trillを始めた事で、何か気持ちが変わりましたか?
A17. 幸せの一言に尽きると思います。一人きりの物作りも良いですが、誰かとひとつのものを作り上げていくのが、私は本当に好きなんだなあと、あらためて思いました。

Q17. Did anything changed in your mind by commencing trill?
A17. I’m really happy. Making things on my own is fun but I realized that I really like building up projects with others.


Q18. trillの名前の由来は?
A18. これは、種明かしはしません。別にそれぞれで受けとって頂いて構いません。ちなみに私の方で、trill的に全くこれを意識せずで、trillのタグ付けなんかで#postpunkというのを見かけることがあります。されどエンジョイフリーダム。

Q18. Where does the name trill come from?
A18. It’s a secret. Everyone can have his own answer. I sometimes see trill tagged #postpunk, but feel free to have your own definition.


Q19. trillが目指すものは?
A19. trillが目指すものという回答にはならないかもしれませんが、ライブは絶対に演りたいですね。私の性質上、既存的ではない可能性は否めないでしょうが、実現の際には是非皆さん遊びに来て下さい。あと、たまにふと鏡に映った自分が天龍源一郎さんに見えることがあるのでウエイト面でも管理強化していく所存です。

Q19. What is trill aiming at?
A19. This might not be an answer to the question but I would like to do some live concerts. Due to my nature, my live shows might not be something common but when I get the occasion to make one, fell free to stop by. And, sometimes when I look myself in the mirror I see someone like Tenryu Genichiro (a Japanese wrestler), so I think I’ll have an eye on my weight.


Q20. DROOPのファンだった方にとって、今回のコユキさんの音楽活動再開は待ちに待ったニュースだったと思うのですが、今後の展開はどのように考えていらっしゃいますか?
A20. のちにEPの曲をまとめてフルアルバムに入れるようなことを現時点では考えていません。リリース毎の書き下ろしです。trillではソロプロジェクトの可能性を思う存分満喫するつもりです。随時HPなどチェックして頂けたら幸いです。trillは頻繁にライブ活動を行える形態ではなく、皆さんが購入してくださったお金で、ライブを含む新たなるtrill作品を制作することができます。表現者を守るべく無断アップロードやダウンロードは絶対にやめて下さい。宜しくお願いします。

Q20. I think for people that were fans of DROOP, your come back is more than a great news. What are you thinking about for the next development?
A20. For now I am not thinking about putting EP songs in a full album. Each release comes with a newly written song. Under trill I am planning to enjoy to the fullest the possibility of a solo project. I’ll be glad if you check my website sometimes. trill cannot throw live concerts frequently. trill can perform live shows and produce new works thanks to the fans that bought my products. To protect artists please do not upload or download without permission.


Q21. 最後に音楽活動の再開をずっと待っていたファンの方々に伝えたいことはありますか?
A21. 愛してます。あなたがたはすごい!こんな私ですが、引き続き宜しくお願いします。

Q21. Last question. Any words for fans who have been waiting a long time for you to come back?
A21. I love you. You guys are great! Thanks for following!



koyukicross long interview 2018 copyright MCR COMPANY / Translator by NILO

戻る


trill‘lie’7"EPのご注文は→ http://mcrwebshop.com/?pid=123826963